介護ソフトでヘルパースケジュールを徹底管理|ヘルパーをHELP

介護

ヘルパーの予定を管理

現場のヘルパーの動きを管理するヘルパースケジュールは、自作するよりも、介護ソフトを使用して管理したほうが圧倒的に便利です。予定表を作るのも簡単ですし、急な変更などにもすぐ対応することができます。

詳しく見る

ソフトで管理すること

介護業は、これからどんどん必要になってきます。高齢化社会と言われ始めたと思いきやそのまますぐに高齢社会へと発展した日本、これからさらに超高齢社会へ移行していくことが予想されており、介護が必要なお年寄りはどんどん増えていきます。
そのため、介護業はこれからますます活性化していくと思われますが、そこで大切になってくるのは業務の効率化。介護業は、どのようなタイプの業務であっても、スケジュールの管理がかなり大変な業種です。ヘルパースケジュールは水物のように常に変化し続けるので、管理側はそれに対応するのにかなりの労力を使用します。

そこで利用したいのが、介護ソフトです。
介護ソフトは、介護業を営む業者向けに作られた業務支援ソフトのことで、介護業に必要なあらゆる機能を搭載しています。それでいて使い方を最適化しパソコン操作が苦手な人でも入力しやすいようにできている製品が多く、簡単に導入することができます。
数ある介護ソフトのなかでもさらに使い勝手のよいものを選びたいのであれば、導入実績から選んでみるといいでしょう。介護業を営んでいる人でパソコンに精通している人は少ないので、人気があればそれがそのまま使いやすい証明となります。

介護ソフトには、ヘルパースケジュールを管理できる機能も搭載されています。そのため、頻繁に変更してしまうヘルパースケジュールをパソコン上で簡単に管理することができ、急な変更にもすぐさま対応できるようになります。アナログで管理していたら、把握している管理者が忘れたりミスをしたりすることによって業務に大きなロスが生まれてしまう可能性があります。そうするとサービスを利用しているお年寄りやご家族にも迷惑をかけてしまうことになるので、スケジューリングなどの業務を上手く回せていないと感じているのであれば、介護ソフトの導入を検討してみましょう。

事務処理も楽

介護ソフトを使用してヘルパースケジュールを管理することで、現場が動きやすくなるだけでなく、事務作業も楽になります。請求内容のまとめや給与計算を実績から自動で割り出してくれるため、工数をカットすることができるのです。

詳しく見る

大幅な効率化

介護ソフトを導入すれば、無駄な時間を効率化していくことにより、利用者が増えてきても対応が可能となります。ヘルパーはヘルパースケジュールと連動して実績を現場から送信できるので、報告の工数が簡略化されます。

詳しく見る

このエントリーをはてなブックマークに追加