介護ソフトでヘルパースケジュールを徹底管理|ヘルパーをHELP

介護

大幅な効率化

年々肥大化していく介護の現場。その拡大具合は介護施設を利用できないお年寄りが溢れているほどで、各介護施設とも、業務を効率化してできるだけ多くのお年寄りに安心してサービスを利用してもらえるようにすることが大切です。
そのために必要なのは、現場で働くヘルパーの教育などもそうですが、介護ソフトを活用して無駄な時間を徹底的に省くことが大切です。

介護ソフトを使用すると、ヘルパースケジュールを一元的にかつ簡単に管理できるようになり、施設の管理者が各ヘルパーの仕事内容を把握して効率よく回していけるようになります。
また、現場で働くヘルパーも、介護ソフトを使用することによって大幅な工数削減をすることができます。

たとえば、スケジュールを自動で送信してくれる機能を持つ介護ソフトがあります。この機能があれば、朝自宅でその日のスケジュールを把握することができます。シフト調整やシフトの確認もわざわざ施設へ立ち寄ることなく可能となり、連絡や確認のための時間を削ることができます。
また、作業実績の報告や記録が可能なところも介護ソフトのありがたいポイントです。ヘルパースケジュールに連動させ、携帯電話やスマートフォンからその日の実績を現場から入力することができるので、特に訪問介護を行っているヘルパーは非常に助かります。
GPS機能を読み取る機能があれば、報告内容を送信する際に位置情報を飛ばすことが可能となるので、管理者に自分がどこにいるのかを簡単に伝えることなどができます。

介護ソフトにはほかにもさまざまな機能が搭載されており、介護の業務形態に合わせて使い分けることができます。
多くの介護ソフトはカスタマイズ性を有しているので、ヘルパースケジュールの入れ方などを変えたいのであれば、自分たちのやりやすい入力フォームにすることが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加